どこまでも 続く この葬列が
不思議な懐かしささえ 感じさせ
見たことも 来たことも ないはずの
過去からの 風景が 手で招く
沈みゆく どこまでも 限りなく
沈みゆく 底無き底は冷たく
過ぎ去れば 永遠は瞬きもする間も
する間もなく 崩れ落ちるだけ

微かな記憶
遠くて近い

確かなものなどつもありはせず
何故と問われても
ただの悪い夢と片付けはしても
やけに鮮明で

すべては俺の心が作り出した
模造の記憶にすぎぬと言うなら
そもそも過去はどこに存在する
どこかに証が眠ると言うのか

もう諦めるべきなのだろうか
もうすべて終わりにしてやろうか

いくつもの 光景が 蘇り
いくつもの 死の記憶が目を覚ます
疑いが 確信に 変わる時
残された 最後の希望さえ
恐怖へと

振り返れば
遥か彼方から
渦巻く闇
作り出した悪夢なのか

幼き日に
教えられたはず
闇から来たる
深い霧

心の奥底に、刻まれた
あるはずもない、かつての死の記憶
触れようと しても 消えてしまう
あるはずもない かつての死の記憶
これで 何度目なのか 過去の中
思いを馳せて みても すり抜ける
手にしても やがて 消えてしまう
それは まるで 夢の ように

かすかな記憶
手繰り寄せても

気付いているのが俺だけなのならば
夢も現実も
等しく存在などせぬただの影
決して消えはせぬ

すべては俺の心が作り出した
模造の記憶にすぎぬと言うなら
そもそも過去はどこに存在する
どこかに証が眠ると言うのか

すべて無駄なあがきなのだろうか
幻と諦めるべきだろうか

Send Translation Add to playlist Size Tab Print Correct